トライアル雇用とは?

新しい雇用の形の一つに、トライアル雇用があります。

トライアル雇用とは、経験がなくてもトライアル的に採用される雇用形態のことで、未経験者でも正社員として雇用されることも十分に可能な制度として人気があります。

トライアル雇用は主に「若年者トライアル」と「中高年トライアル」に分類されていて、ハローワークを通して仕事を見つける場合に利用する事ができる制度です。

トライアル雇用は全ての企業に適用されているわけではないため、必ず希望する会社にトライアル雇用として採用されるという保証はありませんが、未経験の職種や業界へ挑戦したいという方にとっては大きなチャンスと言えるでしょう。

トライアル雇用は通常の採用時と同じように、書類選考された後に面接によってトライアルのチャンスが与えられるかどうかが決定されます。

トライアル雇用された場合にはパートやアルバイトという形ではなく、トライアルとはいえ正社員として採用されます。

そして、3ヶ月間のトライアル期間を経て、雇用主も労働者側も合意すれば、正社員として入社が認められることになります。

「思い描いていた仕事とはかけ離れていた・・・」とトライアルだけで別の仕事を探す事ももちろん可能ですし、「天職を見つけることができた」とトライアルのおかげで新しい分野へ羽ばたく事ももちろん可能です。

また、雇用主にとっても、その人の仕事ぶりや適性などをきちんとチェックしてから採用する事ができるのでメリットは大きいようですね。