クロス取引とは?

特殊な取引方法にクロス取引というものがあります。

これはある銘柄を取引する際、売り・買い両方をまったく同じ数、価格で行う方法です。

おもにファンドなど大口取引の場合によく活用される方法です。

なぜこのような取引方法がなりたつのでしょうか。

まず損益を確定する目的のため。

個人が節税目的に行うパターンが多いのが特徴です。

売却と購入によって含み損を出し、節税に役立てるとう方法をとる場合があります。

それから優待券を取得する目的のため。

現在、株主優待が大きな話題を集めています。

企業が株主に対して行う優遇措置です。

その企業の業務に関する割引制度や商品のプレゼントなどが行われています。

中には非常に魅力的な優待もあるため、それが目的で株式の購入に走るケースも多いようです。

このクロス取引なら最低限の出費というか事実上無料で株主優待の権利を得ることができるのです。

かかるのは手数料のみ。

そのため多くの投資家がこの方法で株主優待の権利を行っているといわれています。

このように、クロス注文とは純粋に株式投資で利益をあげるというよりは、株式市場のシステムや税制の隙間をうまく利用して有利な環境をゲットするために行うケースがほとんどです。

それだけにかなり特殊な取引といえるものとなっているのです。

純粋な投資目的で株式を運用している人にとっては縁がない取引方法かもしれませんが、知っておくと便利という意味で覚えおいて損はないのではないでしょうか。