母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 教育ローンもローン契約なので利用するためには審査を
教育ローンもローン契約なので利用するためには審査を

教育ローンもローン契約なので利用するためには審査を

教育ローンもローン契約なので利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

借入申込書はネットで申し込んだ場合は不要になりますが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

しかし何より一番肝心な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

母子家庭でも借りれる教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

貸し付け方も異なっており、母子家庭でも借りれる教育ローンは一括で振込ですが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあります。

教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期についてですが、母子家庭でも借りれる教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金の返済は卒業後から開始となります。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

ろうきんは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

カードローン型と呼ばれる母子家庭でも借りれる教育ローンをご存知ですか?普通のカードローンと同じでカードの限度額の範囲内なら自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとどこが違うのかというと使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

金額が明確な初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付け完了メールが届きますので忘れずに確認しましょう。

国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。

子供の人数や年収によって融資可能な年収の上限額が変わります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高金利の金融機関では10%近いものもあります。

銀行の母子家庭でも借りれる教育ローンの場合は口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定して継続した収入があることが必須となります。

非正規で働いている人は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

また、年収も200万円以下の場合は審査には通らない可能性が大きいでしょう。

母子家庭でも借りれる教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

返済期間は長いローンで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.