母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 低金利有名な教育ローンと言えば教育
低金利有名な教育ローンと言えば教育

低金利有名な教育ローンと言えば教育

低金利有名な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

銀行の教育ローンは通常3から5%、信販系になると5から10%となりますので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの比較をする際はランキングサイトがオススメです。

わざわざ金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額は表になっているので簡単に比べることができます。

中には、来店の要・不要やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で最もおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

銀行の母子家庭でも借りれる教育ローンというものは、たいてい、低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きく返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が割引になる銀行もあります。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

母子家庭でも借りれる教育ローンの返済期間は長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

申請者は学生の親であることが多く学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。

義務教育以上の学費や私立の小・中学校なども利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクです。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、金融機関によって融資額も様々です。

国の教育ローンは最大350万円まで借り入れが可能です。

民間の銀行では最大で1000万円程度融資してくれるところもあります。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大3000万円まで融資可能という銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円まで借り入れることができます。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や世帯年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

母子家庭でも借りれる教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している母子家庭でも借りれる教育ローンの場合この一括タイプになります。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.