母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】

母子家庭のシンママは低金利の教育ローンを借りれるのでしょうか?当サイトでは、母子家庭でも借りれる教育ローンを分かりやすくご紹介します。国の教育ローンやろうきんの教育ローンと比較します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 国が学びたい学生のために融資をしている母子家
国が学びたい学生のために融資をしている母子家

国が学びたい学生のために融資をしている母子家

国が学びたい学生のために融資をしている母子家庭でも借りれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や世帯年収(所得)によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く入学金や授業料はもちろんのこと、受験時の交通費やパソコン代なども認められています。

教育ローンの申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば母子家庭でも借りれる教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは使途が教育に関連する費用に限定されたローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校なども利用対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクになります。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

母子家庭でも借りれる教育ローンでいくらまで借りられるかは金融機関によって融資額も様々です。

国の教育ローンの場合、最大限度額が350万円です。

民間銀行の教育ローンは最大で1000万円程度融資してくれるところもあります。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

カードローン型と呼ばれる教育ローンがあることを知っていますか?普通のカードローンとほとんど同じで限度額の範囲内だったら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外に使えないことです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

金額が明確な初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資機関によって差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行であれば口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利があります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクがないと思われます。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

銀行の母子家庭でも借りれる教育ローンであればたいてい、低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が低くなる銀行もあります。

母子家庭でも借りれる教育ローンもローン契約なので利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

何より一番肝心な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

関連記事




Copyright (C) 2014 母子家庭でも借りれる教育ローンは審査厳しい?【借入先はどこがいい】 All Rights Reserved.