パーマと抜け毛の関係

最近では老若男女にかかわらず、パーマをかけることがあたりまえになっています。

ファッションが多様化していく中で、ヘアスタイルに対する好みや要望も細かく分れ、今ではパーマ無しでは多くのヘアスタイルが成り立たなくなっています。

またパーマには、このようなおしゃれの観点から行う他にも、くせ毛や縮れ毛を矯正するために行われるものあります。

しかしどのようにパーマが進化しても、ある程度、パーマをかけることによる髪や頭皮へのダメージは避けられません。

酸性パーマ、O2パーマ、システィパーマなど、頭皮や髪になるべく負担がかからないように開発されたパーマも、次々に発表されていますが、根本的な解決には至っていません。

ではパーマによる抜け毛などのリスクはどのように低減したら良いのでしょうか。

まずはパーマをかける回数を少しでも減らすようにしましょう。

パーマはかけた後のケアの違いによっても、もちが異なります。

パーマをかけた場合はそれに対応したシャンプーなどを選び、こまめにトリートメントなどを行います。

こうしたことは頭皮にとっても重要なことです。

パーマ液は頭皮の地肌や毛穴を通して皮膚の内部にまで入り込んできます。

そのため食事やサプリメントなどをしっかりと取り、頭の内側から頭皮の健康を支えてあげることが大切になります。

これは抜け毛を防ぐためにも重要です。

また頭皮などに何らかの問題を抱えている場合にパーマをかけることは厳禁です。

かぶれや炎症などがある時にパーマをかけると、さらに症状が重くなり、抜け毛が大量に発生してしまいます。

必ず美容師さんなどに先に相談をしましょう。