当座預金って何?

銀行で扱う預金には様々な種類がありますが、当座預金という言葉を見かけたことはないでしょうか。

よく見かける言葉ですが、実際にどのような預金を指すのか、知らない方が大半です。

当座預金とは、普通預金とは異なり手形や小切手が使える口座のことを指します。

当座預金を利用するメリットは大きく2つあります。

1つ目は多額の現金を持ち歩かなくても良い点です。

現実的に、1億円の現金をいきなり預け入れるケースは少ないですが、100万円や1,000万円の現金を銀行まで持ち歩いて入金するのは大変危険です。

そこで小切手を利用すれば、紙切れ1枚で済みますので、安全に大切なお金を運ぶことができるという訳です。

2つ目のメリットは、手形なら現金を後で準備すれば良い点です。

手形は、指定の期日までに口座へ入金すればOKです。

一見便利そうに見える当座預金ですが、一般の人が当座預金の口座を作ることはほとんど無理です。

というのは、手形や小切手は大きな金額を扱うため、一定金額以上の預金を入金できる資産家や、会社として口座を設ける場合しかありません。

また、小切手や手形を扱うため、金融機関自体も預金をしっかり管理するための信用が試されます。

尚、当座預金に預金を預けても金利はつきません。

これは、当座預金の特性上、お金の出入りが激しいため、利息を付ける必要がないためです。

一般的には利用されることがない当座預金ですが、会社設立を考えている方は知っておくと、後々便利です。