教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後からになります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?通常のカードローンと同じように限度額の範囲内だったら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが銀行でもカードローン型を提供しているところはあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でかかる費用が読めない2年目以降にカードローン型を利用できるといった金融機関もあります。

教育ローンという学びたい方のためのローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で1番おすすめしたいのは国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校だけでなく中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

銀行の教育ローンであればたいてい、低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンの返済方法について解説します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分のみの支払が認められている商品もあります。

返済期間についても長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにしても借主が学生本人というのは稀なケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

教育ローンが借りれないという人はどういう人でしょうか?色々な原因があると思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定した収入を得ている証明が必要となります。

非正規雇用として契約している方は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

年収も200万円以上はないと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンの比較はランキングサイトの利用がおすすめです。

わざわざ金融機関を回ったり電話で資料請求する手間は要りません。

金利や借入可能額は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いのでとても便利です。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の学校もローンの対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクです。

注意点は金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

関連ページ