AGA治療薬として使われるプロペシアは本当に効く?

AGA治療薬として使われるプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

医薬品なので店頭に陳列されていることもなく自由診療なので保険の適用外でした。

近年、プロペシアにもジェネリック医薬品が登場し同じ効き目で半額以下の薬品が買えるようになりました。

ジェネリック医薬品は日本よりもアメリカなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

日本皮膚科学会がガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療への効果が期待できる有効な数少ない薬です。

しかし、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も深刻なのが肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの数値に変動が生じることもあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性は発症しません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くしてしまうものだと考えられます。

成長期が短いと髪が十分に発育する前に抜けてしまうので細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質が肝となるのは間違いありません。

AGA治療は進行を食い止める対症療法なので根本的に完治はありません。

そのため、AGA治療を休止してしまうと再び脱毛や薄毛を発症して、次第に進行してしまいます。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんのでずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるというのも1つの方法です。

AGAは遺伝により大きな影響を受けますから根本的に完治できるということはありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子を操作しない限り、AGAは一生モノなのです。

ですから、AGA治療をやめてしまえば残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

内服薬であるプロペシアは様々な副作用が報告されていますので結婚など人生の節目がやめどきだと思います。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なので心配する必要は全くありません。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

頭皮にお悩みを抱えている方はAGA治療は病院で診察してもらい効果が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

効果は高くても副作用が心配で...という人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもAGA治療薬として認められているので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、日本でAGAの治療として認められているのは塗り薬の外用薬だけです。

AGA治療を受けてみたいと思っているけど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですから内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実です。

中にはより薄毛に効果が出やすいように独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

引用:【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

そして、薬だけに頼ることなく日常生活でも頭皮ケアをすると一層、効果があがるのでおすすめです。

ストレスを溜めないようにしたり食生活を見直してみると良いでしょう。

AGA治療ではプロペシアという内服薬や塗り薬のミノキシジルが使用されます。

プロペシアは病院を受診して処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

プロペシアと同様にミノキシジルにも飲み薬がありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが健康被害に遭っても自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促す治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。