レイクアルサで個人事業主が借りれる情報をまとめ。web明細サービスを利用することが可能?

キャッシングのレイクアルサでは、web明細サービスを利用することができます。

借入れや返済など、ひと月の間に行った、取引の内容を、Webの会員ページにアクセスして、ダウンロードすることのできるシステムです。

通常は郵送で送られてくる、毎月の利用明細用紙が、送られてくることはありません。

ペーパーレスで、毎月の利用明細を確認することができます。

Webサービスを登録することで、毎月の利用明細を、自分の都合に合った時間で、パソコンや携帯からチェックできるので便利です。

PDFファイルであることから、ファイル形式でパソコンに保存をすることも可能です。

即日キャッシングなど、素早い対応のレイクアルサは、申し込み後の様々な対応に関してもスピーディーです。

Web明細サービスへの登録もスピーディー、3ステップで登録は完了します。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるレイクアルサのキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

レイクアルサのカードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

通常、消費者金融レイクアルサのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融レイクアルサのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

引用:レイクアルサ個人事業主でも借りれる?即日審査甘い?【スマホ対応】

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのレイクアルサのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもレイクアルサのカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融レイクアルサの金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、まんざら消費者金融レイクアルサのほうが高金利とは言えません。

昨今の消費者金融レイクアルサ業界は法律の改正やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はありません。